懐かしの蒸気機関車 SL動画集


C62 ニセコ Part2

 

「C62」について

 

1948年に完成したC62形は、当初、東海道本線・山陽本線沿線の各機関区に分散配置され、C59形と共通運用で運転が開始された。また1949年には、最初から軽軸重型として完成したタイプが東北本線(白河機関区配置。白河以南で使用)・常磐線(尾久機関区配置)に新製投入された。1950年10月改正では、東京-大阪間の特急「つばめ」・「はと」を従来より1時間短縮した8時間で運転することとなり、運転曲線と牽引する客車の換算両数が再検討され、C59形では性能的に限界に近いと判断された。

 

出典:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」