懐かしの蒸気機関車 SL動画集


C58 秩父鉄道 SLパレオエクスプレス Part2

 

「秩父鉄道 C58-363+12系客車「パレオエクスプレス」(白久〜武州日野) 」(映像製作者の方のコメント)

 

「C58」について

 

戦後の新造が落ち着いた1948年7月1日現在、本形式は388両が在籍。配置は、札幌36両、仙台75両、東京60両、名古屋43両、大阪72両、広島51両、四国32両、門司19両。主な使用線区は、札幌局管内では石北線、釧網本線、根室本線と札幌近郊の函館本線、仙台局管内では大船渡線、山田線、釜石線、横黒線、陸羽東線、陸羽西線、仙山線、磐越東線、磐越西線、東京局管内では水戸線、総武本線、山手線、横浜線、名古屋局管内では七尾線、小浜線、高山本線、大阪局管内では関西本線(奈良〜湊町間)、紀勢西線、城東貨物線、伯備線、広島局管内では、芸備線、宇品線、山口線、美祢線、山陰本線西部、四国局管内では予讃本線、土讃本線、門司局管内では久大本線、豊肥本線である。

 

出典:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」