懐かしの蒸気機関車 SL動画集


C57 会津若松駅 D51同時発車・並走

 

「SL会津秋まつり号が、D51 498 + 旧型客車4両で磐越西線を走りました。会津若松駅では、C57 180のSLばんえつ物語号 + 12系7両と同時発車・並走しました。」(映像製作者の方のコメント)

 

「C57」について

 

戦後製造された3次形と4次形の中には技術力、品質管理の低下によりボイラーの性能が悪いものがあったため、1957年(昭和32年)から1959年(昭和34年)にかけて本形式のうち57両のボイラーが新製品に載せかえられている。ボイラー取替え対象車両の中にはX線検査の結果、不備が見つかった戦前製のものも含まれている。現在動態保存中の1号機も1958年(昭和33年)にボイラーの載せ替えが実施されている。これは戦時中に空襲で受けた損傷が原因であったと云われている。

 

出典:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」