懐かしの蒸気機関車 SL動画集


D51 ちばDC出発式 2007年

 

「2007年2月1日、千葉駅で撮影しました。マスコミの方々が大勢いました。」(映像製作者の方のコメント)

 

「D51」について

 

母体となったのはD50形で、性能はほぼ同一。使用圧力の向上など細かな改良により、牽引力の若干の増大を図っている。軸重を軽減し、全長の短縮などを施して地方線区でも使用ができる様にされた。電気溶接の全面的な採用と共に動輪輪芯は箱型化され、形態的にはC57形に近いと言える。初期に製造された95両は上部のドームの覆いが長く、その形状から「ナメクジ型」と言われている。22・23号機はドームが運転台まで延びているため「おおナメクジ」「スーパーナメクジ」と呼ばれている。

 

出典:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」