懐かしの蒸気機関車 SL動画集


C12 真岡鉄道 Part3

 

「SLもおか」は下館〜茂木間を年間を通じて土休日を中心に、一日一往復運転されています。(映像製作者の方のコメント)

 

「C12」について

 

小型軽量で軸重が軽いC12形は地方私鉄や産業用鉄道向けにも最適であり、同形機が全国各地の私鉄や専用鉄道などに37両が製造・供給されている。このうち11両は、台湾総督府鉄道部および樺太庁鉄道向けに製造されたものである。鉄道省向けの製造は1940年で一段落しているが、民間向けの製造はそれ以後に行なわれたものが多い。樺太庁鉄道に納入された4両は南樺太の内地化により、播丹鉄道(現在の加古川線)に納入された1両、相模鉄道(現在の相模線部分)に納入された2両、小倉鉄道(現在の日田彦山線)に納入された4両は戦時買収により鉄道省に引き継がれ、国鉄の番号を与えられた。

 

出典:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」